熊本でのリフォームは気候や生活パターンなどをよく考えて

浴室改装

熊本県下での浴室リフォーム


浴室改装(風呂リフォーム)

お風呂(浴室)は毎日入り一日の疲れを癒してくれる大事な場所。そこが寒かったり滑ったりすると危険で不健康です。システムバスは水漏れがなくあまり冷え込まないという点からもお勧めですが、問題は現在の浴室と新しくするシステムバスのサイズが合うかどうかということです。お客様が望む大きさが入らない場合、お風呂(浴室)周りの柱の調整によって入る場合も結構あります。
工事としてはまず今までの浴室を解体しシステムバスが入るスペースを確保します。ついでシステムバスを設置する場所の下に底板コンクリートを打設します。
そして、電気工事 水道工事をして最後に脱衣所との境目の壁工事を行います。
ご存知のようにシステムバスの価格はサイズや性能によって価格はまちまちです。

お風呂(浴室)改装の流れ

タイル貼りのお風呂からシステムバスへの交換が一般的です。もちろんこのほかのパターンもありますが一番多い例をあげてみます。

お風呂リフォーム施工前  お風呂リフォーム施工前

昔のお風呂はほとんどがタイル貼りの浴室です。ある程度古くなってくるとどうしてもひび割れて水漏れが起こり始めます。そうなると床下はいつも湿った状態となりシロアリ被害や 材木の腐れなどが起こりやすくなります。



旧浴室解体中  窓の位置変更工事

浴室を解体しています。浴槽の下は土や砂利が入っていますがシステムバスは浴室の下はコンクリートを打設しシステムバスの安定と湿気防止をはかります。上の着工前写真を見ると浴室の窓はかなり広くできていますが、大きな開口であるほど冬は寒くなります。今回はブルーシートの大きさの窓枠を新しく作りました。



コンクリート打設  システムバス設置

給排水管を先行配管しコンクリートを打設します。
そしてシステムバスを組み上げます。



外壁補修  外壁補修

内部は完成しましたがこの家の場合開口部を小さくしたので外壁の補修工事が必要です。木下地にモルタル下地材を貼っています。
モルタルを塗ります。乾燥を待ちます。



外壁補修塗装  外壁補修完了

外壁はなるべく目立たないようにしたいもの最後の仕上げはわずかな塗装であっても色をきちんと合わせます。

お風呂のリフォーム

お風呂(浴室)改装は大きさやシステムバスのグレードによってもかわりますし、またあなたのお住まいの状況によっても金額は変化します。
この機会にお気軽にお問合せください。

 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional