熊本でのリフォームは気候や生活パターンなどをよく考えて

事例33

事例33    屋根補修

瓦剥がし

トップライトの長所は暗い部屋に天井から明るい光が差し込むので部屋が明るくなるのはいいのですが、欠点として、夏はとても暑くなり、また長年たつとトップライト周りから雨漏りなども発生しやすくなります。
お客様は欠点が大きくなったということでトップライトを外す決断をされました。もちろん事前に部屋が暗くなることは説明してあります。
トップライト周りの瓦を外しています。さすがにコーキングなどの防水材は経年劣化していました。

屋根下地工事

トップライトを外して屋根を復元する時には下地のさらに下に断熱材を設置することを忘れないようにしなければなりません。
そうしないと補修はしたが太陽熱の遮断はしていないことになりリフォームとしては不合格となってしまいます。

屋根補修完了

汚れている部分が屋根瓦を取りかえたところです。
雨もりや台風の時の心配が軽減されました。
もちろんその後清掃をして帰りました。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional