熊本でのリフォームは気候や生活パターンなどをよく考えて

事例31

事例31    外壁補修

外壁改装前

以前商売をされていましたが、やめた後、幹線道路の音や夏の西日に悩まされておられたようです。今回は看板があった壁を取り除き勝手口ドアや店舗入り口ドアを壁にしてしまいます。外壁はサイディングを張る予定です。


モルタル除去作業

モルタル壁を除去します。地道な作業です。除去している途中で色々な物を見ました。

白アリ被害

なんと土台と柱が完全にシロアリに食いつくされていました。このようなことはリフォームにはつきものです。調べてみるとずいぶん前にシロアリは食いつくして他の場所へ移動したようです。柱や土台は新しくする必要が出てきました。


柱の入れ替え

シロアリに食いつくされていた柱を入れ替えました。壁だけで持ちこたえていたわけですから地震などの災害があると倒壊の危機があったと思われます。お客様にも確認していただきました。

柱入替

こちらの角もシロアリの被害があり柱は使えなくなっていました。こちらも柱を入れ替えます。

板金工事

昔の家は母屋と言われる材木がむき出しになっています。そのため雨風打たれるとどうしても塗料がはげひびが入り見た目もよくありません。そこで板金で保護して劣化を防ぎます。

雨樋の新設

リフォームをしているとどうしてもある一部分だけが新しくなっていきます。そうしますと他の古い部分がとても気になるものです。確かにお客様が要望するところだけを工事すればいいのかもしれません。しかし、後々お客様が後悔しないためにもこうしたらもっと良くなるのですがという提案だけはさせていただいています。そのうえでお客様に判断していただくという形式を取っています。


サイディング貼り

古いモルタルからサイディングに張りかえています。
サイディングの良さは水を使わない壁なのでひび割れの心配がないことです。但しジョイント部分のコーキングはしっかりと施工しなければなりません。

コーキング施工

サイディングを施工した後はジョイント部分のコーキング施工です。コーキングをする前にプライマー処理というコーキングははがれない下処理が必要です。

軒天塗装

軒天も塗装がはがれていました。真っ白な塗装を施しました。下から見上げると新築時の白さがよみがえりました。


外壁やりかえ完了

勝手口と店舗入り口の窓がなくなり内部の音も緩和されました。
お客様には「とてもよくできた。ありがとう」といううれしい言葉をいただきました。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional