熊本でのリフォームは気候や生活パターンなどをよく考えて

キッチン

熊本県下でのキッチンリフォーム

キッチンは毎日使い少しずつではありますが傷んできます。築年数が20年を超えるとキッチンの高さや使い勝手が不便に感じてくることも多いようです。現在のシステムキッチンはほとんどが引き出し方式の収納になっています。そうすることによってかがんでキッチン下の収納庫をあちこち探しまわる必要がなくなっています。
また収納や使い勝手は一昔に比べると格段によくなっています。

キッチンリフォーム

キッチンの改装でお客様が一番不便と感じていたのはやはり使い勝手と収納の不便さでした。もちろん古くて汚くなったというのも大いにあるのですが
新しくさえなればいいんだということだけではないと思います。
お客様が頭の中でどのような場面を想像しているかをきちんとヒアリングしてそれを実現するためにベストの提案をします。

キッチン施工前  キッチン下地調整

以前のキッチンは扉式なのでいちいちしゃがみこんで奥のものを取りだす必要がありました。今回はすべて引き出し式に変更。収納した物が真上から見ることができるのでとても便利になります。



キッチン施工中  キッチン変更後

キッチンの周りは最近特によくつかわれるキッチンパネルを使用します。
昔のキッチン周りはほとんどがタイルを使っていました。しかし、目地の間が汚れやすい、掃除がしにくいなどの理由で最近はデザインタイルなどを除くとほとんどキッチンパネルが使われるようになりました。
また、床も傷んでいたので無垢のフローリングに貼りかえました。
高齢者が住む関係で火を使わないIHクッキングヒーターに変更しました。



キッチンをリフォームしたいというお客様の多くはただ単に汚くなったという理由だけではありません。調理台の狭さ、食器、洗剤、調理器具などがあちこち散乱して片付かない、台所が暗い、せまい、など食事の用意するのにストレスを感じておられます。
悩みは一軒一軒全部違います。この機会にご相談ください。

 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional